悩み

今私が悩んでいる【生理痛】について、これから改善すること、始めることをまとめました

みなさんおはようございます。mgmです。

いつも当ブログをご覧いただき、

誠にありがとうございます。

 

今日はちょっと深刻な話になります、すみません。

私、今なかなか大声では話せない

つらいことで悩んでいて、、、

それは「生理痛」です。

 

妊娠出産を経験された女性が数多く

ご覧いただいていると信じて、

こちらで悩みを打ち明けてしまいました。

 

月に一度やってくることなので、

早めに対処しないと自分の体によくないと思い、

ここ最近生理痛に関して勉強してきたこと、

これから生理痛改善に向けて、私は

どんなことをしていくのかお話したいと思います。

よろしかったら最後までご覧いただけますと幸いです。




 

産前よりもひどい生理痛 事の発端

今年の4月にもうすぐ2歳になる子供の

断乳を決意し、断乳を実行すべく

言い聞かせをしていた時期に

産後の初めての生理がきました。

 

子供が0歳からずっと

お世話になっている助産師さんとも

「(生理が来たということは)

ちょうど断乳の時期だったのかもね」

なんて話をしていました。

 

4月、5月ごろはそんなに生理痛の

重さを感じることもなく過ごせました。

ただ気になっていたのは生理周期の間隔が

産前よりも広がってしまった ということです。

でもそのときは生理周期は28~40日周期 という知識があり、

40日は超えていなかったためそんなに深刻には思いませんでした。

「産後すぐだし普段と違うこともきっとあるよね」と。

今思うと都合よく捉えすぎだよなと思います・・・。

 

6月から生理痛が酷くなったと実感して、

7月、今月は本当に酷かったです。

生理1日目は午前中をベッドの上で過ごし午後には普通の生活。

2日目は普通の生活ができたものの生理痛は変わらず。

3日目もまだ痛くてトイレに行くことが多く・・・

4日目で受診しました。

 

周経期症候群

(PEMS)の疑い
月経前症候群(PMS)は聞いたことがあり、

月経前から始まり月経が開始されるとともに

軽減されるという予備知識はあったのですが、

PEMSに関しては初めて聞く症候群でした。

 

PEMSは月経前から始まって月経になっても続く症状で、

むしろ月経時に症状の程度が強まるものです。

確かに私はこちらに当てはまるかも。

PEMSを起こさないようにするためには、

やはり生理痛を軽減させるのがいいようです。




生理痛はどうして起こるの?

考えられる原因を挙げてみます。

1、骨盤のゆがみ

産後のママは赤ちゃんが産道を通ってきたため、

骨盤が広がりきっていて、

骨盤が元の位置に戻りきっていないなんて方もいます。

そういった方は骨盤がゆがんでいる可能性があります。

 

2、プロスタグランジン

プロスタグランジンと呼ばれるホルモンは

生理痛の直接的な原因となるホルモンなのです。

プロスタグランジンは子宮を収縮させ、

はがれおちた子宮内膜を血液とともに、

経穴として体外に押し出す はたらきがあります。

その際下腹部に痛みを感じることがあります。

それが俗に生理痛と呼ばれる痛みです。

 

3,ストレス

産後、疲労感が取れないのに、

慣れない育児や家事をして、

ご自身が思っている以上に

ストレスをためている 可能性があります。

産後は小さな赤ちゃんを

抱えて外出というのはすぐには無理な話ですし、

発散するのが難しいですよね。

そうすると実は生理痛につながる可能性があります。

 
私が生理痛の軽減に向けて、実践しようと思ったこと

1,姿勢を意識する

育児って必然的に前かがみに

なってしまう動作が多くないですか?

そうすると全身に負担がかかります。

前かがみになっていたらちょっと反りをしてみる。

同じ動作を続ける場合は

たまに意識して姿勢を変えてみる

寝る前にストレッチ をしてみる。

それだけでも変わると思います。

 

産前はヨガが通うくらい好きだったのに、

今は育児を理由に家でもできるのにやってません。

リラックスもできるしまた久しぶりにヨガマットを

出してヨガはじめようかなと思いました。

2,体を冷やさない

たまにおなかに手を当ててみると、

冷たく感じることが何度かありました。

これって冷えなんです。

生理痛の軽減は体を温めることが大切です

時期が時期なので体は冷たいものを欲しますが、

体のことを思ってあたたかい飲み物に切り替えます

なかなかお風呂にゆっくりつかるということは、

日常生活では難しいですが、

子供が寝た後に改めて入浴するなど、

体を温めるための時間をつくりたい と思います。

 

冷たいものを摂ったり

体を冷やす原因を作っていたのは、

確かに自分自身かも・・・と

今パソコンに向かいながら反省しています。。。

 

3,アロマテラピーを取り入れる

アロマテラピーもヨガ同様大好きなんです。

それなのにこれも育児を原因に

取り入れなくなってます。

これじゃあ、生理痛になっても無理もないと、

自分の甘さを痛感しました。

アロマテラピーの何がいいかというと、

香りに癒され自分の好きな香りを

見つけるのもいいですし、

香りひとつひとつにしっかりと効能があるので、

体調に合わせてブレンドができる という点です。

なので昨日はこのブレンドがよかったけど、

今日は違うブレンドが

いいなというのもアリです。

 

まとめ

 

*産前はあまり生理痛に悩んだことがなかったのに、

産後は寝込む日もあるほど生理痛が重く感じた

*産前よりも生理周期が広がった

周経期症候群(PEMS)とよばれる、

生理中に生理痛を伴う症状の疑いがある。

PEMSを防ぐには生理痛の軽減をさせること

*産後の生理痛の原因として考えられるのが

骨盤のゆがみ、プロスタグランジン、ストレス

*生理痛の軽減の為私が実践したいことは

・姿勢を意識すること

・体を冷やさないこと

・アロマテラピーを取り入れること

 

こうやって自分が起こったことを書き出してみたら、

自分がやらなきゃいけないことが見えてきました。

同じ悩みを抱えている方にみて頂いて、

少しでも気持ちが軽く

なったりして頂けたら嬉しいです。

生理は毎月のことだから、

少しでも痛みを軽減できたらうれしいですよね。

私もこれから日々自分の体の為に努めたいと思います。

また次の生理がやった来た時に、

7月の症状とどういう風に変わったのか、

または残念ながら変わらなかった

(変わりたいですが)など、

何かしらのご報告をまたこちらでしたいと思いますので、

宜しくお願いします*^^*♪

長くなってしまいましたが、

最後までご覧いただきましてありがとうございます!!

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ

押して頂けると励みになります(*^^*)




ピックアップ記事

  1. MiMCさんのホワイトデーメイクアップイベントはとても勉強になることばかりでした…
  2. 植物オイルとフルーツ美容液が詰まったアイシャドー!【AQUA・AQUA(アクアア…
  3. 広がる髪がずっと悩みだった!!【uka Nighty Night(ウカ ナイティ…
  4. 鼻のかみすぎたヒリヒリした肌を保護する!【ETVOS(エトヴォス)モイストバリア…
  5. 夏に最適な爽やかな香りが絶妙な組み合わせ!【WELEDA(ヴェレダ)シトラスクリ…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

favorite brand

人気の投稿とページ

おすすめ記事

ピックアップ記事

オーガニックライフスタイルWEBマガジンOrgarly

オーガニックライフスタイルWEBマガジン|Orgarly オーガリー

Orgarlyさん執筆記事

  1. CosmeKitchen(コスメキッチン)

    期間限定発売!アイリスとチュベローズの特別感のある香りのハンドクリーム【Forg…
  2. NEROLILA Botanica(ネロリラボタニカ)

    透明肌を目指して新年からスペシャルケア♪【NEROLILA Botanica(ネ…
  3. chantacharm(チャントアチャーム)

    日差しを浴びた肌が喜ぶうるおいジェル♪【chant a charm(チャントアチ…
  4. SINCERE-GARDEN(シンシアガーデン)

    手軽に始められるスーパーフード♪【VEGE KITCHEN(べジキッチン)ドライ…
  5. to/one(トーン)

    単色でも他のリップの上からも使えるシアー系グロス!【to/one(トーン)ペタル…
PAGE TOP