ecostore(エコストア)

水洗いにこだわったクリーニング店Licue(リクエ)さんで、ecostore(エコストア)製品を使いながら衣類の種類ごとに洗濯方法を教えて頂きました!




ecostore公式HP

こんばんは*^^*

オーガニックコスメレビュアーのおざわめぐみです。

 

先日新しく発売されたエコストアさんの洗濯洗剤について、

レビューをさせて頂きました。

それから毎日愛用している洗濯洗剤ですが使えば使うほど、

様々な種類の衣類の洗濯方法が知りたくなりました。

 

普段からエコストアさんの洗剤を使って衣類を洗浄している

クリーニング店に詳しいお話を伺う機会を頂けましたので、

お伺いしたお話を中心にまとめていきたいと思います。

 

普段からなかなか汚れを落とすのに苦労をされている方

正しい洗濯方法を教えてほしい方

ぜひ最後までごゆっくりご覧くださいね。

 

水洗いにこだわるクリーニング店の方にお話をお伺いしました!

お話を伺ったのは不入流(いらずりゅう)のWater cleaning Licue大岡山店

今回お話を伺ったのは、本部を高知県に構え

独自のしみ抜き流派を創設された不入流に属している

Water cleaning Licue 大岡山店さん。

普段からエコストア商品を扱われているとのことで、

しっかりと商品がディスプレイされていました。

関連ページ

Water cleaning Licue 大岡山店

しみぬき 不入流 公式ページ

 

Licue 大岡山店さんでは石油系洗剤を一切使わず、

水洗いにとことんこだわっているクリーニング店です。

 

水洗いするのは綿などに限らず、

ダウンジャケットや革、カシミヤ素材など

自宅ではなかなか洗うことが出来ないような素材のものも、

プロの手で風合いを蘇らせてくれるような技術を施してくれます。

店内からは、クリーニングしている様子を眺めることもできるんですよ。

 

お伺いした日は、ecostore公式アカウントでインスタライブを配信していました!

私は普段からオーガニックコスメに関連するブランドの多くを

フォローさせて頂いていて

インスタライブ配信を視聴することが多いのですが、

まさかリアルタイムでインスタライブを配信しているところを

見れるなんて・・・ととても貴重な経験をさせて頂きました。

関連ページ

エコストア公式HP

エコストア公式インスタグラム

 

前日にはインスタグラム内で告知のストーリーも更新されました。

ライブ中にコメントに寄せられる視聴者の方からの質問にも

丁寧に答えていらっしゃったのが印象的でした。




洗濯のプロに聞く「衣類の種類に合った洗濯方法」!

Tシャツについた汚れは、ゴシゴシ擦らず波打たせるように

先日レビュー記事でご紹介した、

エクストラクリーンランドリーリキッドを使ってTシャツの汚れを落とします。

 

ブラシを使って汚れの箇所をトントンと叩き込んだら、

手で洗剤のついた衣類を持ち揉んでいきます。

この時擦るのではなく、あくまでも揉んでいきます

イメージとしては衣類を波打たせるような感じ。

 

その方法で衣類に洗剤が馴染ませられてきたら、

このまま他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れて洗うことができるのだとか。

 

それでも黄ばみが気になる場合は漂白する必要があるので、

同シリーズのエクストラクリーン ソーク&ウォッシュパウダーという

酸素系漂白剤を少し混ぜます。

 

ランドリーリキッド:ソーク&ウォッシュパウダーの割合が、

大体1:1の割合になるように混ぜて乳化状態にして塗布します。

汚れが気になる部分にお湯を沸かした蒸気をあてることで、

汚れが落ちやすくなるんだとか。

上の部分が先程の手法で洗った状態で、下の部分が汚れが残った状態です。

こうやって比べてみると汚れがかなりスッキリと落ちているのが分かります。

 

汚れがなかなか落ちないYシャツもエクストラクリーンでスッキリ!

Yシャツって首周りや手首の周りが落ちにくいんですよね・・・。

 

人の動作によって皮脂などの汚れ(カーボン)が、

布に刷り込まれていきます。

だからなかなか並大抵には落とせないんですよね。

Tシャツで作ったエクストラクリーンの

ランドリーリキッド(洗剤)とソーク&ウォッシュパウダーを

1:1にして混ぜて乳化させたものを

特に汚れの酷い襟周りに塗布していきます。

ブラシでこすってしまうと衣類を傷つけてしまうので、

Tシャツの汚れを落とす時と同様に

衣類の繊維に沿って波打たせるイメージで揉む

 

この状態になることでアルカリ性(pH11)に傾くので、

タンパク・油汚れが格段に落ちやすくなるそうです。

汚れは時間が経つと衣類が黄ばみやすくなるんですが

そういう汚れにはこの方法で落とすのが適しているんだとか。

汚れた部分をお湯の蒸気にあてると、ポコポコと泡を立てます。

洗剤を塗布して1時間くらい放置するだけでも漂白できます。

この状態で洗濯機にいれて大丈夫だそうです!

首周り・手首周りの他に脇の下が気になる場合、

汚れの種類は首回り・手首周りと同様に皮脂であることが多いため

同じ方法で汚れをスッキリと落せるんだとか。

この方法を一つ覚えるだけで、応用が効きますね*^^*

 

ニットの汚れはどんな繊維を使っているか確認することから

ニットの「伸びる」「縮む」は繊維によって異なるそうです。

なので、まずは汚れてしまったニットがどんな繊維を使っているのか、

確認をする必要があります。

 

縮む・・・ウールのニット

伸びる・・・綿やアクリルのニット

この特性に注意して取り扱います。

 

シミなどの汚れにエクストラクリーンランドリーリキッドを直付けします。

ブラシにとってポンポンと叩き込んで染み込ませるのがいいそうです。

汚れやすい袖口もチェックします。

 

ニットを畳んでネットに入れます。

ぬるま湯の中にデリケート&ウールウォッシュ(おしゃれ着用洗剤)を入れて、

しっかりと溶かしていきます。その中に先程のニットを入れて

ギュッと押し込んで、押し出していきます。

イメージとしては揉むのではなく、液体を衣類の繊維の中に通過させる感じ。

通過率によって洗浄力は変わるんだそうです。

すすぎはたっぷりの水でしてあげることにより早く済みます。

大体水を2回くらい入れ替えるそうです。

 

ファブリックソフナー(柔軟仕上げ剤)を水の中に入れます。

この時、ボトルに書かれている目安量を守って入れたほうがいいとのこと。

なぜかというと洗い上げた時にべたつきやすかったり、

衣類の特徴を消してしまうんだとか。

柔軟剤が衣類の目をふさいでしまい、

汗を吸いにくくなってしまう可能性も。

 

ソフナーをいれた時も衣類を押し込む感じにします。

デリケート&ウールウォッシュの時と同様に、

衣類の繊維を通過させるようなイメージです。

その後洗濯機で脱水するのですが、

何度かに分けて脱水をすることにより

衣類のしわを防ぐことができるんだそうです。

 

まとめ:脱自己流洗濯!いろいろと教えて頂きいい機会になりました!

洗濯ってなかなか教えて頂く機会がないので、

自分流になってしまっているところがあったなと反省しました。

 

Lucieの永井さんにこの度お話を聞いたことで、

洗濯に対する正しい知識を得ることが出来たので

今後の家庭での洗濯に活かしていきたいと思います。

 

特に子供の食べこぼしは日常茶飯事なので、

細かくお話をお伺いできたのがとても嬉しかったです。

衣類に優しい洗濯を心掛けたいですね。

今回のインスタライブ配信で使ったものをまとめます!

これらはすべてecostoreさんの公式HPで購入可能ですので、

普段からなかなか汚れを落とすのに苦労をされている方や

ecostoreさんの製品にご興味がある方は是非

公式HPをチェックしてみてくださいね!!

ecostore公式HP




ピックアップ記事

  1. お子さんの野菜不足で悩むママに勧めたい!【ジャパンプレミアムケール】完全無添加で…
  2. ベビーライン5月25日新発売!赤ちゃんと妊娠中ママのマッサージに♪【ベビーオイル…
  3. ナチュラルなツヤのある肌を目指すならこのファンデ♡【naturaglace(ナチ…
  4. 念願のamritaraHOUSEへお邪魔しました♪【ベジガーデン グロッシーヘア…
  5. スープで新しい「温活」はじめました!【NATURE FUTURE(ネイチャーフュ…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

favorite brand

人気の投稿とページ

おすすめ記事

ピックアップ記事

オーガニックライフスタイルWEBマガジンOrgarly

オーガニックライフスタイルWEBマガジン|Orgarly オーガリー

Orgarlyさん執筆記事

  1. naturaglace(ナチュラグラッセ)

    今季限定アイシャドーは華やかなボルドー!【naturaglace(ナチュラグラッ…
  2. サプリメント・食品

    純プラセンタ7200mg配合!【はぐくみプラス FUWARI】子育てを頑張るママ…
  3. naturaglace(ナチュラグラッセ)

    ベースとファンデーションが1本でできる時短コスメ!【ナチュラグラッセ メイクアッ…
  4. doorganic(ドゥーオーガニック)

    カサつきやすい秋冬も、指先までうるおいの満ち溢れた肌へ!【do organic(…
  5. THREE(スリー)

    植物オイルが主体の高発色ネイルカラー!【THREE(スリー)ネイルポリッシュ 4…
PAGE TOP