花粉や乾燥で肌が敏感になってしまう時に大活躍するスキンケア!【SHIGETA(シゲタ)バランシング モイスチャーローション モイスチャークリーム】

シゲタ バランシングモイスチャーローション モイスチャークリーム




SHIGETA(シゲタ) バランシング モイスチャーローション

SHIGETA(シゲタ)バランシング モイスチャークリーム

こんばんは*^^*

オーガニックコスメレビュアーのおざわめぐみです。

 

ただでさえ乾燥が厳しくて肌の調子を保つことが難しいのに、

そこに追い打ちをかけるかのように舞ってくるのが花粉。

花粉の季節っていつもよりも肌が敏感に感じやすいですよね。

そんな時には、毎日肌をケアしてくれるスキンケアの見直しが重要です。

 

そこで今回の記事では特に敏感に感じやすい肌を包み込んでくれる

化粧水とクリームについてご紹介をします。

最近なんだか肌の調子がよくないと感じる方、

植物由来のスキンケアにこだわりたい方、

ぜひ最後までごゆっくりとご覧くださいね。

 




肌へのリスクに徹底的に向き合った保存料フリーのスキンケア!

シゲタ バランシングモイスチャーローション バランシングモイスチャークリーム

ゆらぎ肌の時に助けられたバランシング(リバランス)シリーズ!

SHIGETAのバランシング(リバランス)シリーズは、以前洗顔料を1本使い切ったことがあります。
シゲタ バランシングマイルドクレンザー

あわせて読みたい関連記事

季節の変わり目のゆらぎ肌を優しくいたわりながら汚れを落とす洗顔料!【SHIGETA(シゲタ)バランシング マイルドクレンザー】(2019.09.20)

肌フローラを守りながら元気にしてくれるスキンケアシリーズ!【SHIGETA(シゲタ)バランシングマイルドクレンザー・モイスチャーローション・モイスチャークリーム】(2019.04.03)

SHIGETA主宰 CHICO SHIGETAさんのトークショーへ参加しました!【SHIGETA×リンネル スペシャルイベント】(2019.04.01)

 

その時は季節さえ異なるものの、季節の変わり目でゆらぎ肌に悩んでいる頃でした。

肌がなかなか本調子ではいられなくて悩んでいることは同じですよね。

 

バランシングマイルドクレンザーを使ってみて感じたことは、

そんなゆらいだ状態で万全の肌ではないときでも

ヒリヒリすることなく洗い上げることができたことが本当に良かったです。

 

シゲタ バランシングモイスチャーローション モイスチャークリーム

独自フォーミュラにより保存料を含まなくても成立するスキンケア!

どうしてそれほどまでに肌がヒリヒリ感じることなく使えたのかというと、

成分に肌の刺激の引き金ともいえる保存料が含まれていないことが考えられます。

 

でも保存料が入っていないと、使用期限が短くなってしまうの?と思われるかもしれませんね。

確かにオーガニックコスメなので極力早く使い切ることを推奨しているのですが、

保存料を入れない代わりにフランス国立科学研究所と共同開発した、

独自の保存料フリーシステムを採用しているのです。

保存料フリーシステムがあることで、保存料を頼ることなく使いきることができるのです。

 

ヒリヒリせず潤うから、バランシングシリーズのおかげで花粉もこわくない!

シゲタ バランシングモイスチャーローション バランシングモイスチャークリーム
保存料フリーシステムを採用し刺激を最小限に抑える努力を惜しまない、

SHIGETAさんのバランシングシリーズ。

化粧水のバランシングモイスチャーローションと

保湿クリームのバランシングモイスチャークリームの

使用感や肌の仕上がりについてご紹介をしていきます。

シゲタ バランシングモイスチャーローション

肌をいたわりながらうるおいを補給する「バランシングモイスチャーローション」

敏感肌やゆらぎ肌のために作られたシリーズの化粧水。

以前は透明感あふれる肌へと導いてくれるAWシリーズの化粧水を愛用していましたが、

こちらの仕上がりがとても好きだったので、バランシングシリーズにも期待が高まります。

シゲタ AWモイスチャーローション

あわせて読みたい関連記事

独自成分ガルニシアコラ種子エキスとローズ水がたっぷりの化粧水!【SHIGETA(シゲタ)AWモイスチャーローション】香りがたまらなく癒されるレビュー♪(2018.04.28)

肌フローラを守りながら元気にしてくれるスキンケアシリーズ!【SHIGETA(シゲタ)バランシングマイルドクレンザー・モイスチャーローション・モイスチャークリーム】(2017.12.15)

 

シゲタ バランシング モイスチャーローション

クリーム色で優しい印象のパッケージから、モイスチャーローションを取り出していきます。

シゲタ バランシング モイスチャーローション

みずみずしくて少しとろみのある化粧水を取り出すことができました。

シャバシャバでもとろーりでもなく、その中間くらいの質感で程よいです。

シゲタ バランシング モイスチャーローション

肌に馴染ませてみたときにとても驚いたのですが、

肌への馴染み具合がほかの化粧水よりも早い気がします。

肌にのせて塗布したら、サーッと馴染んでしまう感じ。

目を疑うかのようなとてもいい馴染み具合でした。

シゲタ バランシングモイスチャーローション

馴染ませた肌は、しっとりとして塗布前よりも柔らかく感じます。

シゲタ バランシングモイスチャーローション

ハンドプレスをしてゆったり時間をかけて全顔を覆っていきます。

乾燥しやすいところには重ねづけ。

そうすることで均一に全顔うるおってくれるように感じます。

シゲタ バランシングモイスチャーローション

手元で塗布した時と同じようにしっとりとして柔らかな肌に仕上がりました。

最近使っていた化粧水だと時期が時期なのでヒリヒリ感じてきていたのですが

バランシングモイスチャーローションは塗布を完了するまで

全くヒリヒリしませんでした。

 

香りはローズの香りがするけれど、AWシリーズと比べると抑えめなので

強めな香りが苦手という方でも使いやすいです。

個人的にゆらぎや花粉の季節には手放せない存在です。

SHIGETA(シゲタ) バランシング モイスチャーローション

シゲタ バランシングモイスチャークリーム

もちもちとした肌に仕上げてくれる「バランシングモイスチャークリーム」

続いてご紹介するのはスキンケアの最後に重ねる保湿クリームです。

保湿クリームについても、AWシリーズを1本使い切ったことがあります。

しっとりとした使用感と同時に、透明感を引き出してくれるようなアイテムです。

シゲタ AWモイスチャークリーム

シゲタ AWモイスチャーローション

あわせて読みたい関連記事

ローズがたっぷり詰まった濃密保湿クリーム【SHIGETA(シゲタ)AWモイスチャークリーム】乾燥が気になる時期にピッタリだと思ったレビュー!(2018.12.03)

 

シゲタ バランシングモイスチャークリーム
バランシングモイスチャークリームを取り出していきます。
シゲタ バランシングモイスチャークリーム
ふたを開けるとプッシュタイプになっています。

AWシリーズのモイスチャークリームと形は同じです。

シゲタ バランシングモイスチャークリーム

ワンプッシュでこのくらいです。

シゲタ バランシングモイスチャークリーム

少し少量に感じるかもしれませんが、とても伸びがいいです。

スキンケアの最後にのせる保湿クリームのバランシングモイスチャークリームですが、

重たすぎることがなくかといって軽すぎないほどよい質感です。

シゲタ バランシングモイスチャークリーム

塗りこむことで、塗る前よりもふっくらとやわらかい肌に仕上がります。

もちもちとした手触りになるので、ついついずっと触れていたくなってしまいます。

ローズの香りがするのですがバランシングモイスチャーローションと同様に

少し香りは抑えめになっています。

シゲタ バランシングモイスチャークリーム

バランシングモイスチャークリームを顔にも塗り広げていきます。

化粧水と同じように全体的に均一に塗った後で、

更に乾燥が気になる所に半プッシュくらいしてじっくり塗っています。

シゲタ バランシングモイスチャークリーム

うるおいに満ちたふっくら肌に仕上げることができました。

バランシングモイスチャーローションと同様に、

ヒリヒリとした使用感が全くありません。

ただただ心地いい、そんな使用感の保湿クリームでした。

SHIGETA(シゲタ)バランシング モイスチャークリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。