肌がゆらぐ季節も汚れを優しく落とすクレンジング!【chant a charm(チャントアチャーム) クレンジングミルクバリア】

チャントアチャーム, クレンジングミルクバリア




chant a charm クレンジングミルクバリア|Cosmekitchen

chant a charm クレンジングミルクバリア|ネイチャーズウェイ

こんばんは*^^*

オーガニックコスメレビュアーのおざわめぐみです。

 

花粉や乾燥が原因で肌がゆらぎやすい季節は、

愛用しているスキンケアでさえヒリヒリとして

肌に合わない気がしてしまいますよね。

 

私もこの季節はヒリヒリと感じてしまいやすいことが多いのですが、

ヒリヒリしてしまうと特に厳しいのがクレンジング。

汚れをしっかりと落としたいのにヒリヒリしてしまうと、

本当につらいですよね・・・。

 

そこで今回の記事では揺らいでしまった私の肌でも、

ヒリヒリせずにしっかりと汚れを落とすことができた

クレンジングをご紹介します。

 

花粉が舞う季節がゆらぎやすかったり、敏感肌でお悩みの方、

植物由来の成分のクレンジングにこだわりたい方、

ぜひ最後までごゆっくりとご覧くださいね。

 

肌が敏感に感じてしまう時でもしっかり汚れを落とせたクレンジング!

チャントアチャーム クレンジングミルクバリア

ミルキーな手触りからオイリーな手触りへと変化するクレンジング!

こちらが今回数量限定で発売された、クレンジングミルクバリア。

 

通常販売されている「クレンジングミルク」の、

センシティブタイプとなっています。

通常タイプのクレンジングミルクはとても人気のある製品なので、

以前から気になっていました。

 

今回発売されたクレンジングミルクバリアのように

季節や環境にあった製品を作ってくださるのは、

とてもうれしいことですね!

チャントアチャーム クレンジングミルクバリア

手の甲にクレンジングミルクバリアを取り出してみました。

見るからにこっくりとしてミルキーな感じに見えますが、

肌に馴染ませていけばいくほど油分を含んで

するするとした手触りへと変化していくのがとても不思議です!

チャントアチャーム クレンジングミルクバリア

肌に溶け込むように馴染んでくれるからこそ、

しっかりと汚れと絡み合ってくれそうなテクスチャーです。

汚れ落ちを確認するために、

手の甲を顔に見立ててベースメイクからポイントメイクまでのせてみます。

チャントアチャーム クレンジングミルクバリア

様々な種類のベースメイクとポイントメイクを塗りました。

チャントアチャーム クレンジングミルクバリア

肌に密着していたメイクも、

次第にクレンジングミルクバリアと絡んでいきます。

チャントアチャーム クレンジングミルクバリア

力を加えずに優しくくるくるとクレンジングミルクバリアを

馴染ませてから、ぬるま湯で洗い流しました。

 

チャントアチャームさんが推奨しているのは、

30~32度のぬるま湯です。

熱すぎず冷たすぎず程よい温度で洗い流すことがおすすめです。

チャントアチャーム クレンジングミルクバリア

スッキリと汚れが落ちてうるおいは残っています!

 

今回は検証のために様々なポイントメイクも肌にのせましたが、

実際にメイクを落とすときにはより負担をかけないように

ポイントリムーバーなどで予めポイントメイクをオフした状態で

クレンジングミルクバリアを使って、

全体的にクレンジングしていくのがおすすめです。

chant a charm クレンジングミルクバリア|Cosmekitchen

chant a charm クレンジングミルクバリア|ネイチャーズウェイ

 

チャントアチャーム, クレンジングミルクバリア

洗いあがりがヒリヒリせずにふっくらとしていることに感動!

クレンジングミルクバリアを使って、

顔に塗布したメイクをオフしていきます。

チャントアチャーム, クレンジングミルクバリア

手の甲でメイクを落とした時と同じ要領で

顔の上から乗せたメイクを落としていきます。

 

力任せにごしごしと洗うのではなく、

肌に指を沿わせてくるくると汚れとクレンジングミルクバリアを

乳化させるようなイメージで馴染ませていきます。

小鼻や口角など細やかな部分は、くるくるの円を小さくして

より優しい力で馴染ませていきます。

チャントアチャーム クレンジングミルクバリア

先ほど手の甲でクレンジングミルクバリアを馴染ませた時と同じように、

じっくり時間をかけてくるくるとしていくと

ミルキーな質感からオイリーな質感へと変化していきます。

その変化としっかり汚れがクレンジングミルクバリアと馴染んだと感じたら、

優しくぬるま湯で洗い流していきます。

チャントアチャーム クレンジングミルクバリア

そうすると、しっかりと隅々まで汚れを洗い流すことができました。

 

クレンジングって洗い流すものだから、

洗いあがりがどうしても

うるおいが不足した肌の仕上がりに感じてしまいがちですが、

こちらのクレンジングミルクバリアに関しては、

洗い流してもうるおいが不足してしまう感じがありませんでした。

チャントアチャーム クレンジングミルクバリア

肌に触れてみると、ふっくらとしたうるおい肌に感動を覚えるほど。

スキンケアがすべて終わった状態ならまだしも、

これから保湿を進めていく段階でふっくらと感じられるなんてと

驚きを隠せない仕上がりでした。

chant a charm クレンジングミルクバリア|Cosmekitchen

chant a charm クレンジングミルクバリア|ネイチャーズウェイ

 

チャントアチャーム クレンジングミルクバリア

ゆらぎ肌に着目した植物成分で肌をいたわる!

クレンジングミルクバリアには、

ゆらぎ肌をいたわってくれるはたらきをする「オウゴン根エキス」や

うるおいを逃さずに保水する働きをする「コメヌカスフィンゴ糖脂質」など、

今の季節にうれしい植物成分を配合しています。

 

更に気温や環境の変化によってストレスを感じやすい肌が

リラックスするのことのできるラベンダーエキスも配合しているので、

穏やかな気持ちでクレンジングをすることができます。

chant a charm クレンジングミルクバリア|Cosmekitchen

chant a charm クレンジングミルクバリア|ネイチャーズウェイ

 

テキストのコピーはできません。